痩せて見返したい!

私は小さい頃から健康優良児でした。
身長や体重もその頃の全国平均で、まるで見本みたいな体形だったと思います。

 

中学生から高校生あたりで、少しぽっちゃり体形に偏り始めたのかな。
そこら辺の自覚はあります。
いわゆる思春期でしたから、周囲の目とかも気になり始め、
「痩せたいから、ご飯少なくして」
などと言って、母を困らせていました。
でも結局、ご飯を少なくしても夜中にお腹が減って、冷蔵庫からちょこちょこ食べてしまうんですよね。

社会人となった今の私は、「太っている」部類に入るかもしれません。
「やや太り気味」程度と思いたいところですが、ぽっちゃり体形には間違いありません。

 

職場の上司が私の事をよくからかうんです。
細い隙間を通り抜ける時とか、エレベーターが満員気味の時とか、必ず「おいおい、大丈夫かよ」とイジってくるんです。

 

悪気はなく、むしろコミュニケーションでやってる事だとはわかっているんですけど、
私の愛想笑いもそろそろ限界です。

 

この上司の口をなんとか黙らせてみたいと思っています。

太り出した理由

徐々に太っていったような気が自分ではしていますが、学生の頃よりは、
確実に20代後半の今の方が身体にやわらかいお肉が付いています。

 

10代の成長期には少し太ったと思っても、後から身長の伸びが体重に追いついてきて、数字的には気にするほどでも無かったように思います。

 

社会に出てからは、お酒を飲むようになりました。

どちらかというと好きな方なので、仕事終わりに同僚や友人と飲みに行く日も結構あります。
事務仕事なので、学生時代に比べて身体を動かさなくなったようにも感じます。
最近は便秘も悩みの種です。その辺りでも太った事に関係があるのでしょうか。

 

肥満の事を少し調べてみると、ホルモンも影響しているようです。
食欲をコントロールする、2つのホルモンがあります。
食欲を抑制するホルモンがレプチン、食欲増進の働きをするのがグレリンだそうです。
つい食べ過ぎてしまうなんて場合はレプチンに問題があるのかもしれないですね。

 

食欲増進のグレリンの方を抑え込んでしまえば、と考えてしまいがちですが、
グレリンには成長ホルモンを促す作用があるので、減らすことは身体に悪く危険だそうです。


成長ホルモンは別名ドクターホルモンとも呼ばれ、身体の様々な回復を助け、免疫力を強化してくれる大事なホルモンです。

 

この2つの食欲ホルモンのバランスがとても大事で、一番の対策は一口を30回以上ゆっくり噛んで満腹感を脳がしっかり感じるようにする事だそうです。

無理はしたくない

私が太った原因は、物凄く良く食べるわけでもありませんが、運動量に対して摂取カロリーが多いのかもしれません。
やはり飲酒をするとつい食べる量も増えてしまいますもんね。

 

ダイエットしたいとは思いますが、運動は続けられる自信がありません。

 

出来るだけ手軽で簡単に出来ることから、モチベーションを上げていきたいと思います。

 

「痩せるお茶」というものを良く目にしますが、ずっと気になっていました。
本当に痩せられるの?という気持ちが真っ先に浮かびますが、もし痩せられるならすごく楽なんじゃないかなという気持ちも抑えられません。

 

一度調べ始めるとどれが良いのやら、種類が多すぎて選びきれませんでした。
片っ端から試す訳にもいきませんし、私はあまり渋いお茶がそれ程好きではないんです。
甘い味が好みですから、その点でもお茶を飲み続けられるかの不安はありました。

 

どうせお金を払うなら、一番痩せるお茶をみつけたい!
きっと私と同じようにネットで彷徨っている人も多いはずと思い、時間をかけて探す事にしました。

健康的なデトックス効果のあるお茶

お茶の事を調べていくうちに、デトックスティーというものがある事を知りました。
デトックス効果が期待出来て、便秘にも良いみたいなんです。

 

「美甘麗茶」というお茶は、味も評判が良く、甘いと言われています。
本当に?と半信半疑ではありましたが、好みの味でないお茶を薄めて飲むよりは、
私には効果が期待出来るかもしれないと、購入することにしました。

 

味は問題なく飲めました。
というよりも美味しくて、常備茶としてもってこいです。
肝心の効果ですが、10日位飲み続ける頃には毎朝スッキリする事が出来て、苦しかった便秘が解消されました。

 

お茶に甘味があるので、おやつの量も抑えられてる気がします。
美容成分か便秘解消のおかげか、肌つやが良くなったように思っていました。
私の事をイジる上司も、気付いたのか最近少し当たりが柔らかくなってきました。
苦手な運動も出来るだけ取り入れて、このまま健康的にスタイルアップを目指します。